クラブメッド コロナウィルス最新情報 – 2020年1月30日 , 12pm

コロナウィルスの感染予防の観点より、クラブメッドでは以下リゾートを2020年2月8日より一時的に閉鎖することに決めました。

対象リゾート:クラブメッド・ベイダフ、クラブメッド・桂林、クラブメッド・ヤブリ、 Club Med Joyview Anji, Club Med Joyview Golden Coast and Club Med Joyview Yanqing Beijing

ベイダフとヤブリに関しては、2月8日以降の冬シーズンの運営は完全停止となり、2020年の11月に再オープンとなります。(ヤブリに関してはサマーシーズンは営業予定です)
各リゾートでは地元の衛生分野の権威と連携し予防と対策を取っております。桂林、Anji, Golden Coast, Yanqing Beijingに関してはリゾートの再オープン日が決まり次第、ご連絡いたします。

サンヤを含む他のリゾートに関しては予防体制を強化し、お客様とスタッフの健康状態と安全を担保した上で営業を継続してまいります。
未だ世界中のクラブメッド・リゾートでは感染事例が無いですが、今後の感染を防ぐためにもWHOが発行した衛星・安全に関してのガイドラインに則り、また地元の衛生分野と連携を取りながら運営を続けていきます。

なお、今後は以下の対策をリゾート内で徹底して施していく予定です。

  • リゾート到着時に全ゲストの体温チェック
  • 毎日のスタッフの体温チェック
  • 公共エリアの頻繁な衛星処理
  • リゾート内でのジェル状の手指消毒剤使用