Green Beats Tomamu Hokkaido

音楽・環境フェスティバル | 9/14,15,16 2019 | クラブメッド・トマム・北海道

2019年9月14日・15日・16日

クラブメッド 北海道トマムにて

アジアで人気のあるアンダーグラウンドミュージックシーンから、最もホットな音楽をお届け。
香港、台湾、韓国、札幌を含む日本のDJ、バンド、ミュージシャン総勢9組が出演します。

GREEN BEATSは長期的なエコリビング(環境保護を意識した生活)を活性化させるためのエコフェスティバルで、環境保護への取り組みを促進するエコ活動とともに、
ご家族ご友人全員で楽しめる、自然の写真撮影ワークショップやアートワークショップなども開催します。

アジアをまたぐエココミュニティを音楽とともに盛り上げましょう。
BEATS(ビート)-音楽に合わせて踊り、
BITES(バイト)-郷土料理を味わい、
CARE(ケア)-トマムの夏の美しい自然環境を大切にし、
FEEL(フィール)-体で感じる。
夏だからこそ感じられる4つの気分を発見できるはずです。

主要イベント

アジア最高のアンダーグラウンドミュージックシーンで注目の音楽を聴く

KUNIYUKI TAKAHASHI

DJ, Producer and sound designer from Sapporo, Japan

ジャンルを問わず、数々の新しいスタイルの音楽をプロデュース。
ジャズの影響を受けた印象深いスピリチュアルなハウスを作ることで最もよく知られている。

MR HO

House, Techno, Disco, Electronica and World Music DJ

Ho氏は過去15年間に渡ってクラブでDJをしながら音楽を収集している。
現在はベルリン在住で、ベルリンのオームで大規模なパーティーを開催した経歴も持つ。
House、Techno、Disco、Electronicaだけでなく世界中の素晴らしいサブジャンルのセットリストで観客を楽しませている。
バルセロナのSonarのような大規模なフェスティバルだけでなく、小さなフェスでも気持ちよくプレーしている。

THE CYNICAL STORE

Retro folk-rock Band from Sapporo

2016年8月始動。
11月28日、自主制作盤”ep"をリリース。
タワーレコード札幌ピヴォ店で1ヶ月に100枚を売り上げ、その後手売りを含める500枚をSOLD OUT。
2017年ライジングサンロックフェスティバルの出演枠を獲得。
9月にはthe fin,Paellasとの共演も果たし、2018年1月24日フルアルバム”COMMON MAGIC"リリース。
関西、関東ツアーやサーキットイベント、夏はフェスでのライブに加え、新作のレコーディングに忙しい日々を送っている。

LEE LANG

Singer-Songwriter from Korea

韓国ソウル生まれのマルチ・アーティスト。
シンガー・ソングライター、映像作家、コミック作家、イラストレーター、エッセイストと活動は多岐にわたる。2006年に音楽活動をスタート、日記代わりに録りためた自作曲が話題となり、2011年にシングル「よく知らないくせに」でデビュー。
翌夏にファースト・アルバム『ヨンヨンスン』、2016年には自身が主催したイベント『新曲の部屋』コンピレーションとセカンド・アルバム『神様ごっこ』をリリースして大きな注目を浴びる。
2016年には柴田聡子と「イ・ランと柴田聡子のランナウェイ・ツ アー」を成功させ(今後ふたりの共作リリースも予定)、2018年のジャパン・ツアーも全4都市5公演をすべてソールドアウト。その発言や一挙手一投足がセンセーションを呼んでいる。

UMBRA

House Dance Music DJ

ハウスミュージックと素敵な雰囲気を生み出す台北市の秘宝DJ。
「街で最も優れたハウスミュージックセレクターの一人」として知られ、世界中のフェスティバルで演奏している。

CRO MAGNON

Acid-jazz Trio from Sapporo Japan

1996年、米国ボストンにて、大竹重寿 (Dr. & Per.)、コスガツヨシ (Gt. & Bass)、金子巧 (Key.)が出会いsessionを始める。
1999年、帰国後、『Loop Junktion』を結成。
1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリースするが惜しまれつつも2004年に活動停止。
同年、進化した三人が原点に立ち返り、『cro-magnon』として活動開始。
ステージの大小を問わずオーディエンスを必ず踊らせる演奏が韓国や東南アジアでも人気爆発した。
2009年、2度目のヨーロッパツアーを成功させ、同年8月に通算4枚目のフルアルバム『4U』をリリース。
2010年12月、cro-magnon初となる全曲Vocalistとのコラボレーションアルバム『joints』をリリース (参加アーティスト : 土岐麻子、さかいゆう、七尾旅人、Roy Ayers、TWIGY、GAGLE、鎮座ドープネス、S.L.A.C.K. & PUNPEE、MC KAN、三宅洋平、有坂美香、Steve Spacek)
2012年4月、初のベストアルバム『THE BEST』をリリース。
同年7月には人気漫画『へうげもの』とのコラボレーションアルバム『乙』をリリース
吉幾三をフィーチャリングした楽曲等で新境地を見せる。
2013年、3度目のヨーロッパツアーを敢行し、その記録映像が『THE NORTH FACE』の公式YOUTUBEチャンネルにアップされ話題になる。
2014年、7月には5枚目のオリジナル・アルバム『Ⅴ』をリリース、全国40カ所以上のツアーを成功させる。
2016年、RHYMESTERのDJ JINとのジョイントプロジェクト “cro-magnon-jin” としてのアルバムをリリース。
2019年、3/9にNew Album Release予定。
新しい価値観の創造に向けて今後の活躍が期待される。

CHEE SHIMIZU

DJ, Producer and music writer from Tokyo

東京を拠点に25年以上にわたり活動するDJ。
選曲家、プロデューサー、ライターとしても活動するほか、レコード・ストアOrganic Musicや複数のレコード・レーベルも主宰している。2000年代中期にレフトフィールドなディスコを日本のダンス・フロアに紹介した初めてのDJのひとりであり、またニューエイジ/アンビエント・ミュージックのエキスパートとしても知られている。
ヨーロッパからオセアニア、アメリカ、アジアまで数多くの国でプレイし、ダンスからリスニングまでそのスタイルは極めて幅広い。
最新の動向としては、即興音楽家のmiku-mariとともにDJとライブのハイブリッド・パフォーマンスにも積極的に取り組んでいる。

CHRIS SSG

Experimental DJ

Chris SSGと言えば、鋭い洞察力で的確な音楽批評を発信していた今は亡きMNML SSGSブログの創始者の一人だったことが一番良く知られているかもしれないが、近年はオンライン上から東京のテクノシーンに活動の場を移し、MNML SSGSのイベントのオーガナイザー、非定期的に開催されているチルアウトパーティーSound Gardenのレジデントを務めている。
ダンスミュージックという枠に囚われず、アンビエント、エクスペリメンタル、コスミックなサウンドをアブストラクトなテクノと織り交ぜながらDJ活動をし、Unit、Air、Dommune、Galaxy、SuperDeluxeなどの東京有名クラブの他にFREEDOMMUNEやRuralなどのフェスにも出演。Chris SSGのニューヨークを拠点とする「Mysteries of the Deep」ミックスはClubbingSpainの2014年トップ10ミックスにも選出された。
ブログとしてのMNML SSGSこそ廃止されてはいるものの、いつまでもMNML SSGSの美意識を、力強く刺激的な音楽を通して貫いている。

QUEENIE

Contemporary Dance Music DJ, based in China

Queenieは元々国際的なファッションモデルとして活躍し、DJに転身したという異色の経歴を持つ。現在は中国を中心に数々の著名イベントに出向きパフォーマンスをしている。自前の曲からリミックスまで、ラウンジ・ハウス・テクノ・エレクトリック・ポップなどさまざまなジャンルの音楽を手掛け、ファンを楽しませ続けている。

DAVID DICEMBRE

Chillout and ambient DJ, based in Tokyo

東京で15年間活動しており、DJ活動以外も音楽ストリーミングサイトBOILER ROOM TOKYOのプロデューサー業や音楽フェスやクラブなどの仲介業など、活動は多岐にわたる。Green Beatsでもパフォーマンス予定のChris SSGと、東京でエクスペリメンタル・チルアウトパーティー『Sound Garden』を運営している。

YOSHINORI HAYASHI

Electronic musician and DJ, based in Japan

2015年のデビュー以来、世界中の熱心な音楽リスナーから注目を浴びている。多岐にわたる音楽ジャンルを操り、ハウス・テクノ・ディスコはもちろん、暗黙の領域とも言えるクラシックやエクスペリメンタル系の音楽を取り込む器用さを持ち、その独自の音楽センスで多くのリスナーを虜にしている。

KAPIW&APAPPO /カピウ&アパッポ

Ainu Traditional Music

アイヌ語でKapiw/カモメ・Apappo/花という意味。
阿寒湖・アイヌコタン出身のウポポを歌う姉妹ユニット。
幼少の頃から、地元阿寒や祖母から伝承されてきた歌を中心に、民族楽器ムックリやトンコリも交えつつ、アイヌの歌の魅力を伝えている。
2011年より活動を開始。2016年 高木正勝(作曲家)「山咲み」、
2017年 平山素子(コンテンポラリーダンサー)「HYBRIT *k」、
2018年中央アジアキルギス共和国「World Nomad Games 2018」参加など、様々な表現者との共演・交流を行っている。

YUZO IWATA

Electronic music DJ and producer from Japan

東京を拠点に活動しているDJ。愛用のシンセサイザー(ローランド TB-303)とその独特の感性を帯びた音楽が組み合わさると、ジャンルやボーダーという一般的な基準から離れ
彼独自の世界へとリスナーやダンサーを誘う。
日本人の父とキューバ人の母親を持っていることも、この独自の世界を創る要因であろう。

すべては環境への思いやりから

Green Beats Festivalに行き、エコロジー団体の支援に貢献しましょう。
デイパスチケットを購入すると、購入費用の4%地元(北海道)の非営利団体に寄付されます。
寄付金は地元の植林活動と教育プログラムに使用されます。
また2018年に起きた北海道胆振東部地震や自身により北海道を離れてしまった・生活が困難になっている住民を支援するNPO団体にも寄付金を使用します。

Green Beats Festivalに参加することは、ただフェスティバルを楽しむだけではありません。地元北海道の自然・資源に感謝し、その環境を次の世代に繋げていく一員になる機会でもあります。

Green Beats Festivalを通して、地球への思いやりをあなたから発信していきましょう。

チケットの取得方法

1日券、または3日券でGREEN BEATS体験しましょう。

※お値段改定しました!※
8,000円で1日券、19,200円で3日券のチケットを購入できます。
→チケット購入はこちら
For English ticket purchasing, please visit here

大人(18歳以上)
・1日券:8,000円
・3日券:19,200円
・ランチ券:4,500円

子供(12-17歳)
・1日券:6,400円
・3日券:15,360円
・ランチ券:3,600円

大人(4-11歳)
・1日券:4,800円
・3日券:11,520円
・ランチ券:2,700円

チケット内容
-午後2時から深夜までのアルコール・ドリンク飲み放題
‐夕食・軽食
‐キッズクラブ
‐各種エンターテインメント料
-空中ブランコやアーチェリーとその他のクラブメッドのアクティビティ
-無料駐車場

最新のものについては、クラブメッド トマムのレセプションでもチケット発売されます。

※ランチ券は12:00-14:00の間有効です。
※クラブメッドに宿泊いただくお客様は、フェスへの参加が可能です。

すべての年齢層が楽しめるフェスティバル

Petit Club Med®では、2~3歳のお子様たちが新鮮な空気の中で自分のペースで学び、成長することができます。
Mini Club Med®では、4~10歳のお子様たちがスポーツやクリエイティブな試みに没頭することができます。
Club Med Passworld®では11~17才のティーンエイジャーのために用意された、空中ブランコ、ハイキング、マウンテンバイクなどの厳選されたアクティビティがあります。
松の並木の斜面と花の咲く平野があり、トマム山は駆け出しの登山家にとって夢の国のような場所です。

クラブメッドキッズクラブではお子様を預けることも可能です。
G.O(ジェントル・オーガナイザー)の監視のもと、お子様たちが遊んで新しいアクティビティをみつけている間に、大人だけでフェスティバルを楽しむことができます。

またご家族で一緒に楽しめるように、フェスティバル開催中には好奇心旺盛なお子様向けワークショップなどのアクティビティも多数ご用意しています。

Green Beats Festivalは、ご家族の思い出をより一層高めてくれる最高のイベントとなるでしょう。

GREEN BEATSへのアクセス

行き方

空港:
クラブメッドトマムの最寄り空港は新千歳空港と十勝帯広空港です。
リゾートへの送迎はパッケージに含まれており、新千歳空港から約1時間40分、帯広空港から約1時間15分です。

列車 :
トマム駅の時刻表はこちらをクリックしてください。

シャトルのご利用:
星野ツアーリゾートからお越しの場合、クラブメッドへの送迎は朝から夕方まで定期的に行われます。

滞在期間の延長も大歓迎!

Green Beats Festival 期間(2019年9月14日~16日)よりも長く、
クラブメッド北海道トマムを満喫しましょう!

地元の特別ツアーで、北海道の素晴らしい景色と夏の色合いを発見。
活気に満ちた花畑で知られる富田ファームや、美瑛町(びえい)などの美しい村々の景観などがお楽しみいただけます。
すべて中心地からわずかの距離にあり、夏の香りを感じられるようお客様をお迎えします。

日の出時には雲の海が見られる雲海テラスで、
息をのむように綺麗な、山を越えて昇る雲をご覧ください。
または密集した森に囲まれ、天然のミネラルが溶け出し、
自然の美しい紺碧の海を作り出している「青い池」も圧巻の光景です。

上記で紹介した北海道の魅力はこれだけではありません。
クラブメッド トマム北海道では日中のアクティビティに続き、最高のナイトライフと娯楽をご用意し、お客様を心からおもてなしをする準備を整えています。

Green Beats Festivalに加え、129日間で最高の夏のイベントを見つけてみませんか?
地元の日本文化の体験や、刺激的でトレンディな旅を満喫しましょう。

クラブメッド トマム北海道 日本

145ヘクタール以上に渡り広がる雄大なトマム山と、限りないアクティビティが待つ夏の逃避へとお客様をご案内します。

地元でとれた新鮮な魚介類、広大な農地で育った高級和牛、
そして受賞歴のある地元醸造の酒など、北海道ならではの厳選された料理をご提供。

雲海テラスからの息をのむような山の景色、自然のハイキング、乗馬などの自然のアクティビティに加え、近くにある星野リゾートで日本最大の屋内ウェーブプールもお楽しみいただけます。
ぜひ、ご家族やご友人と一緒にエキサイティングな夏を満喫してみませんか?

クラブメッド トマム北海道のオールインクルーシブ・リゾートでは、心からのおもてなしを準備してお待ちしております。

今すぐ予約する