#1 子連れで贅沢リゾート! オールインクルーシブのクラブメッドへ

子ども連れでも気兼ねなく旅行に行きたい!というファミリーから圧倒的な人気を集めている世界的リゾート、「クラブメッド」。日本にも北海道と石垣島に3施設ありますが、なんと世界中で約70カ所も展開しています。世界のクラブメッドを旅する大人気連載シリーズ、今回はインドネシアのビンタン島にあるクラブメッド・ビンタンが舞台です。おなじみちぴちゃんこと人気モデル近藤千尋さんが、1才7カ月の娘さんと一緒にビンタンステイを満喫します!

クラブメッドは「オールインクルーシブ」が最大の特徴

フランス発祥の話題リゾート「クラブメッド」は、ファミリーからの支持が圧倒的に高いことで有名。ここクラブメッド・ビンタンもたくさんの子連れ旅行客で常に賑わっています。その人気の理由のひとつは、ベビーやキッズの受け入れ態勢が万全であること!

最大の特徴は、「オールインクルーシブ」というシステム! 旅行代金には、宿泊費に加えて往復航空運賃、空港からクラブメッド間の往復送迎、滞在中の食事や軽食、各種アルコール、ソフトドリンク、スポーツアクティビティー&レッスン、年齢別のキッズプログラム、エンターテイメントショーやイベントなどの料金がすべて含まれています(宿泊プランの場合、一部有料もあり)。
とくに、空港から宿泊施設までの送迎がスムーズなのはうれしいサービス。もしこの送迎サービスがなくて自分で手配しなければならない場合、日本にいるうちに航空券・ホテルのほかに送迎の足も事前手配しておかなければならないし、空港で無事おち合えるか・安心できるドライバーさんなどか…など、慣れない海外で“ 不安 ”と“ 面倒 ”が手配がたくさん生じてしまいます。でも、オールインクルーシブなら送迎もセットになっているから、旅行を楽しむことだけに集中できそうです♪
送迎サービスのほかもたいていのものは“ こみこみ ”なので、リゾートについたら財布を出す場面はほとんどありません。余計なお金を使うことなく、ほぼ手ぶらで過ごすことができます。クラブメッドはリゾート業界で初めてオールインクルーシブを始めたパイオニア! 含まれるサービスの質や豊富さも桁違いです。

クラブメッド・ビンタンは自然とラグジュアリーが融合する場所!

今回の旅先は、インドネシアにあるクラブメッド・ビンタン。ビンタン島は美しい景観と青い海が広がる贅沢リゾート!
インドネシア領ですが、シンガポールのチャンギ国際空港が最寄りです。空港からシャトルバスでフェリーターミナルに向かい、フェリーで約1時間南下すれば到着!

島のリゾートは子連れだと移動が大変なイメージがありそうですが、ビンタン島は空港からのアクセスがとてもスムーズ。荷物やベビーカーがあっても安心です。

クラブメッド・ビンタンに到着! G.Oたちがお出迎え

クラブメッド・ビンタンに到着したちぴちゃんと娘さん。エントランスでは、G.O(ジーオー。ジェントル・オーガナイザーの略で、クラブメッドで働いているスタッフのこと)たちが大勢で出迎えてくれました。さっそくリゾートの開放感を味わうふたり! ビーチ沿いにあるクラブメッド・ビンタンは、リゾートのほぼどこからでもきれいな海を見渡すことができます。広い客室は、リゾート感あふれるインテリアでまとめられていて素敵です。

クラブメッド・ビンタンはクリアブルーの海、絶景のゴルフコース、豊富なウェルネスアクティビティーが人気ですが、赤ちゃん&キッズ向けのサービスももちろん充実。2才から子どもを預かってくれるプティクラブ(別途追加料金が必要)をはじめ、レストランなどでもキッズチェアやカトラリー完備など数あるクラブメッドのなかでもファミリーフレンドリーなリゾートとして人気を集めています。

世界各地から集まるG.Oたちとの交流も楽しい!

クラブメッドで楽しく過ごすために欠かせないのが「G.O」と呼ばれるスタッフの存在です。G.Oとは「ジェントル・オーガナイザー」の略。1950年のリゾート誕生時に、料理を作ること、音楽を奏でること、さまざまなアクティビティーをすることなど、それぞれの得意なことを活かして心から楽しませたボランティアスタッフが彼らの原点だそう。レセプションやウエイターなど通常のホテル業務に加えて、アクティビティーのインストラクターやキッズクラブの先生、夜はショーに出演するエンタテイナーとしても活躍しているんです! ここクラブメッド・ビンタンでも世界各国から集まったG.Oが働いていて、英語をはじめ多くの外国語が飛び交うインターナショナルな空間。もちろん日本人G.Oもいるから、英語ができなくても大丈夫です。

これから始まるクラブメッド・ビンタンでのステイに、ちぴちゃん&娘さんはワクワクしっぱなし。次回も充実のキッズプログラムや楽しいアクティビティーについてお届けしますのでお楽しみに!

【ちぴ’s ファッションPOINT】

飛行機、フェリーと移動が多い初日は、しめつけずリラックスできるスタイルで。「リゾートなので、白いコットンワンピースをさらっと1枚で着こなしました。DOUBLE MAISONのものです。娘もゆるめのワンピースでさりげなくリンク!」

#2 充実のキッズプログラムなど、子連れにうれしいサービスがいっぱい!

ベビー連れにもキッズ連れにも高評価の、世界的人気リゾート「クラブメッド」。今回はインドネシア・ビンタン島にある「クラブメッド・ビンタン」を大特集! ちぴちゃんこと近藤千尋さん&1才7カ月の娘さんが訪れた子連れ海外旅レポートシリーズ第2回をお届けします。

クラブメッドはとにかくファミリーフレンドリー!

フランス発祥の話題リゾート「クラブメッド」は、ファミリーからの支持が圧倒的に高いことで有名。ここクラブメッド・ビンタンもたくさんの子連れ旅行客で常に賑わっています。その人気の理由のひとつは、ベビーやキッズの受け入れ態勢が万全であること!

年齢別のキッズプログラムが用意されている!

クラブメッドでは、G.O(ジーオー。クラブメッドで働くスタッフのこと。ジェントルオーガナイザーの略)が子どもを預かってケアしてくれるキッズプログラムが充実しています。対応可能な年齢はリゾートによって異なりますが、ここクラブメッド・ビンタンでは2才から。2・3才専門の託児サービス「プティクラブ」(別途追加料金が必要)があり、保育専門のG.Oがしっかりと面倒を見てくれるんです。一緒に遊んだり、ごはんを食べさせてくれたり、お昼寝させてくれたり……。まるで保育園のよう!

今回は特別に、ちぴちゃん&娘さんもプティクラブを体験! プティクラブの部屋にはさまざまなおもちゃ、DVDがあり、外へ出るとプールや遊具もあるので、1日じゅうここで過ごしても飽きることはないほど設備が充実しています。

娘さんは、レゴなどはじめてのおもちゃに興味津々。ママにくっついて遊んでいたのに、いつの間にかほかの子どもたちやG.Oと交流する姿にちぴちゃんもびっくり! 水遊びもとても楽しかったようで、「まだ出たくない!」と大泣きしてしまったほどです。ちなみにプティクラブは預かり時に母子健康手帳の提示が必要なので、利用する際は忘れずに持参を。

クラブメッド・ビンタンでは、プティクラブのほかミニクラブ(4〜10才)、キッズクラブ(10才以上、繁忙期のみ)も用意されていて、これらはすべてオールインクルーシブ! 旅行代金にすべて含まれているので、ミニクラブもキッズクラブも利用無料です。みんなでアクティビティーに挑戦したり、日替わりで楽しいイベントやプログラムが組まれているので、滞在中はミニクラブに毎日参加する子どももとても多いのだとか! 
ちなみに、空港~リゾート間の送迎もオールインクルーシブに含まれているので無料! ビンタンを初めて訪れるファミリーはもちろん、リピーターにとっても安心&うれしいサービスですよね。

客室やリゾート内も赤ちゃんに優しいサービスあり

クラブメッド・ビンタンでは、予約時にリクエストすると客室にベビーベッドを用意しておいてくれます。ちなみにリゾート内ではランドリーコーナーも。子どもは汗っかきで着替え回数が多くなるので、滞在中に洗濯できる環境があるのはかなり助かります!

リゾートは敷地が広いのですが、レセプションではベビーカーのレンタルも! 随所にスロープが設置されていて、ベビーカーでもサクッと移動できるのはうれしい限りです。ベビーバスも問い合わせればレンタル可能なので、小さな赤ちゃん連れでも安心です。

クラブメッドは旅行代金に宿泊費、航空運賃、滞在中の食事やドリンク代、アクティビティー代、キッズプログラムなどほぼすべてが含まれているオールインクルーシブ。リゾート内をあちこち動き回るのに、財布を持ち歩かなくていいのは子連れにとって大きなメリットになりそうです!
現地で財布なしで身軽で過ごせるという以外にも、クラブメッドの旅を予約した時点からお財布にうれしいことが実は始まっています。航空券付きパッケージを予約をすると、航空券が最低価格保証にて提供されているのです!

おむつやベビーグッズが足りなくなったら、リゾート内のブティックへ

クラブメッド・ビンタンの施設内にはブティックがあり、滞在中に必要なものはここで購入することも可能です。おむつやベビーローションなどがそろっているため、万が一足りなくなったり忘れたりしても安心。

ブティックでは大人はもちろん、子ども用の水着、リゾートウェアやサンダルも販売しています。ちぴちゃんは娘さん用のリゾートワンピを購入。季節が違う場合など、ちょうどいいサイズが日本で買えないこともあるのでブティックは何かと便利です。

レストランは子どもに取り分けしやすいビュッフェ形式!

アジアリゾートのリッチな雰囲気が漂うメインレストラン「THE WATERFALL」は、ビュッフェ形式。インドネシアやシンガポールをはじめ、アジア各国の料理や和食、洋食とバラエティ豊かにそろっているため何度訪れても「次の食事が楽しみ!」と思うほど。

ビュッフェは子どもの好きなメニュー、食べやすそうなメニューを取り分けられるので、ファミリーからも高評価! ちぴちゃんも、娘さんの好きな料理をたくさんピックアップ。フレッシュなフルーツジュースやヨーグルト、パン、オムレツ、サラダ、ポテトなど大好きなものがたくさんありました。

レストランにはテーブル用、ソファ用と2種類のキッズチェアが完備。カトラリーなども用意されています。ビュッフェの一角にはベビーコーナーが!

冷蔵庫の中にはベビーフード、牛乳、ヨーグルトなどが常備されていました。あたため用の電子レンジもあるので、どんな月齢の子どもがいても対応できそうです。

ちなみにここクラブメッド・ビンタンにはドクターが常駐。滞在中に子どもが急に体調を崩しても、すぐ診てもらえるのは心強いですね。万が一のことを考えて母子健康手帳やお薬手帳は持参し、海外旅行保険に加入しておくのがおすすめです。

とことんファミリーフレンドリーな贅沢リゾート、クラブメッド・ビンタン。親子で楽しめるアクティビティーもたくさんあります。次回はちぴちゃん親子のリゾートステイ密着レポートをお届けします!

#3 のんびりリッチに❤︎ ちぴちゃん親子のクラブメッドステイに密着

世界中で人気を集めている、オールインクルーシブの贅沢リゾート「クラブメッド」。クラブメッドへの子連れ旅をレポートする大好評連載、今回はインドネシアのクラブメッド・ビンタンが舞台です。シリーズ第3回目では、ちぴちゃんこと近藤千尋さん&1才7カ月の娘さんがクラブメッド・ビンタンで過ごしたある1日に完全密着!

ママもベビーもゆっくり楽しめるタイムテーブル

7:00 早起きしてのんびりお散歩

朝食前に、リゾート内をてくてくお散歩です。クラブメッド・ビンタンはすぐ目の前が海! 普段は仕事に追われて娘さんとゆっくり過ごす時間がなかなかとれないというちぴちゃん。手をつないで歩く、こんな何気ない瞬間も、忙しいママにとってはうれしい時間になりそうです。贅沢な景色を眺めながら、朝食のレストランへと向かいます。

8:00 ビュッフェレストランで朝食タイム!

朝食は、リゾート内のメインレストラン「THE WATERFALL」で。ビュッフェ形式でなんでもお好みのものを好きなだけ食べることができます。クラブメッド・ビンタンのレストランは、他のリゾートと比べても「特に美味しい」とリピーターからも評価がとても高いそう。アジア各国の料理、和食、洋食など豊富にそろっています。リゾートらしく、新鮮なフルーツもたっぷり!

10:00 親子いっしょにプール遊び♪

朝食後は、リゾートのほぼ中央に位置しているプールでプレイタイム! 子ども用の浅いエリアもあるので、小さい赤ちゃんでも安心して遊べます。水遊びが大好きな娘さん♪ ちぴちゃんは滞在中何度もプールに通っていました。

プールのすぐ横にはバーが。ここでは新鮮なフルーツを使ったコールドプレスジュースやフレーバーウォーターを出してくれます。プールサイドでのブレイクタイムにぴったり。

14:00 今度はビーチへ! 人気のアクティビティーもチェック

ランチブレイクの後は再び海へ。ビーチが近いから客室からすぐ行けて、お昼寝にもすぐ戻れるのがクラブメッド・ビンタンのいいところです。ベビーが泳げなくても、波打際を歩いたり砂遊びするだけでも楽しい! 娘さんも大はしゃぎです。

クラブメッドは、アクティビティーが豊富なことでも有名。クラブメッド・ビンタンではウォータースポーツが特に人気で、シュノーケリングやウィンドサーフィンほか、最近話題のスタンドアップパドルなどたくさん用意されています。スタンドアップパドルは、この日は波が高かったためプールでレッスンを実施していました。こうしたレッスンは事前予約しておけば、滞在中誰でも参加できます。

クラブメッドといえば!の人気アクティビティー・空中ブランコは、なんと4才から参加できるそう。大人から子どもまで、初めてでも手取り足取り優しく教えてくれるので常に行列ができています。クラブメッドには子どもを預かって面倒を見てくれるキッズプログラムがあるから、大人だけのひとり時間にこうしたアクティビティーに挑戦するパパママがほとんど。ちぴちゃんたちもいろいろなアクティビティーをチェック。「次はあれをやってみたい!」と大興奮でした。

18:00 ちょっぴりおめかししてスペシャリティレストランへ

クラブメッド・ビンタンには、ビュッフェ形式のメインレストランともうひとつ、スペシャリティレストラン「LA TERRASSE」があります。こちらはディナーをちょっぴり豪華に、おしゃれに楽しみたいときにぜひ利用したいレストラン。ロブスターやカニなどのゴージャスなグリル料理を中心に提供してくれます。夕食のみ事前予約が必要ですが、なんと追加料金は不要! オールインクルーシブの範囲内なので安心して楽しめます。

スペシャリティレストランというと敷居が高そうなイメージですが、子連れも大歓迎! キッズチェアはもちろん、子ども用の食事もしっかり用意してくれるので気兼ねなく訪れることができそうです。日本では子ども連れでおしゃれなレストランに行ける機会はあまりないので、旅先にあるとママはとてもうれしいはず❤︎

20:00 G.Oによるエンターテインメントショーを鑑賞!

夕食後のハイライトは、G.Oたちが企画・出演するエンターテインメントショー。G.Oとはジェントル・オーガナイザーの略で、クラブメッドで働くスタッフたちのことを指します。G.Oは通常のホテル業務に加えてこうしたショーやイベントの企画、出演も行っているんです。しかも内容はかなり本格的! サーカスショーやタレントショーなど日替わりで上演されるので、滞在中はみんな欠かさず観に行くほどです。

この日はクラブメッドの4才からのキッズプログラム「ミニクラブ」に参加した子どもたちによるキッズイベントも行われました。親たちは、我が子の晴れ舞台に拍手喝采! 大盛り上がりです。ちぴちゃんも娘さんがもう少し大きくなったら参加させたい!とウルウル感動。

食事もアクティビティーも欲張って楽しめるクラブメッド・ビンタン。次回はビンタンならではのウェルネスアクティビティーにちぴちゃんが挑戦します!

【ちぴ’s ファッションPOINT】

ドレスアップしたいスペシャリティレストランでのコーディネート。「シックな黒でまとめました。ワンピースはZARA、バッグはAD TOKYOです。落ち着いて見えるけど、さらっと1枚で着られて子どもの抱っこもしやすいデザインです」

#4 ヘルシー&キレイになれる!ちぴちゃんが人気アクティビティーに挑戦

北海道や石垣島でおなじみ、ファミリーに人気のオールインクルーシブリゾート「クラブメッド」。世界各地で展開しているクラブメッドを旅する人気連載シリーズ、今回はちぴちゃんこと近藤千尋さん&1才7カ月の娘さんがインドネシアのクラブメッド・ビンタンを訪れています。ちぴちゃんもハマった、キレイをサポートする人気アクティビティーをご紹介!

海を眺めながらのビーチヨガは本当に気持ちいい!

クラブメッドはオールインクルシーブというシステムを採用していて航空運賃、宿泊費、空港〜リゾート間の往復送迎、食事・ドリンク代、アクティビティー代など滞在中にかかる費用のほぼすべてが旅行代金に含まれています。だからリゾートで行われているアクティビティーは、そのほとんどが参加無料。ビーチリゾートならではのマリンアクティビティーはもちろん、フィットネスやヨガなどのクラスも好きな時間に好きなだけ参加することができるんです。

ちぴちゃんは以前から大好きだというヨガに参加。朝と夕方にレッスンが行われていて、ビーチの風や波の音を感じながら、穏やかな気持ちでヨガに打ち込むことができたようです。特に夕方のレッスンはサンセットが格別で、大人気のアクティビティーだそう。

リゾート内をランしたら、コールドプレスジュースで水分補給

開放的で眺めのいいリゾートだから、ランニングするのにもぴったり。軽く走って汗を流したちぴちゃんが向かったのはバー。クラブメッド・ビンタンでは、バーで提供されるコールドプレスジュースが大人気なんです。すいかやメロン、バナナ、オレンジなど新鮮なフルーツをミックスして、G.O(ジーオー。クラブメッドで働くスタッフたちはこう呼ばれています)が1杯ずつていねいに作ってくれます。フレーバーウォーターも種類豊富。運動とヘルシードリンクのおかげで、日々のストレスや疲れをデトックスできそう!

フィットネスコーナーも充実。バランスボールやサーキット、ランニングマシンなどがそろっていて、好きな時間に利用OKです。

ちぴちゃんは「レストランの食事がおいしくて食べ過ぎちゃう!」と滞在中は何度かフィットネスで汗を流していました。

島ナンバーワンのゴルフコースはクラブメッドからすぐ!

クラブメッド・ビンタンを訪れたなら、やっぱりゴルフは外せません。リゾートから車でわずか5分の場所にはRIA BINTAN GOLF CLUBがあります。ここは抜群の景観が自慢のゴルフコース! ちぴちゃんもゴルフウェアに着替えてコースを体験です。

こんなに眺めのいいコースはなかなかありません! クラブメッドには2才から子どもを預けられるキッズプログラム(2・3才は要追加料金)があるため、パパママだけの時間を作ってのんびりコースを回るというファミリーがとても多いのだとか。このゴルフ場でのラウンドはオールインクルシーブ対象外で追加料金が必要なのですが、リゾート内で行われているゴルフレッスンは無料で参加可能。ゴルフクラブや練習用ボールも用意されているため、これからゴルフを始めたい人にとってもクラブメッド・ビンタンはうってつけのリゾートです!

クラブメッドのアクティビティーは、ほかにもテニス、バスケット、スカッシュ、アーチェリーなどのフィールドスポーツが充実。子連れだとなかなかできないものも、クラブメッドでなら気軽に挑戦できそうです。

Q. 娘さんとのふたり旅、振り返ってどうだった?

3泊5日のクラブメッド・ビンタン旅を大満喫したちぴちゃん&娘さん。「クラブメッドは子ども連れの心配ごとを全部クリアしてくれる素敵なリゾート!」

「G.Oはとにかくフレンドリーです。リゾートで出会ったらみんなハローと気さくに声をかけてくれるし、娘の遊び相手をしてくれて、いつの間にか娘も仲良しになっていて驚きです。G.Oみんなで子どもたちを見守ってくれる、そんな感じでした!」

クラブメッドで人気を集めるキッズプログラム、今回娘さんは少しだけ体験。「娘はとても楽しかったみたい! 同じような年齢のお友達もたくさんいるし、みんないろいろな国から来ているから国際交流ができていい刺激になりました。ただ楽しいだけじゃなく、クラブメッドは娘にとっても貴重な経験になっていると思います!」

「自分の時間がしっかり取れたことも、うれしかったな。娘と過ごすのはとても楽しいけれど、たまにはゆっくり体のケアをしたり、ヨガを楽しむのも大事。仕事や子育てに追われて後回しになりがちだから、滞在中にいろいろできたのはとてもよかったです! クラブメッド・ビンタンは大人も子どももそれぞれしっかり楽しめて、子連れ旅行にぴったりの場所。外に観光に出なくても十分すぎるぐらいやりたいことがたくさんあったから、近いうちにまた訪れたい! 今度は家族3人で戻って来たいな」

【ちぴ’sファッションPOINT】

リゾートでのリラックスDAYには、上品カジュアルな着こなしを。「トップスはガリャルダガランデ、デニムスカートはZARAです。ニューエラのキャップとハワイアナスのサンダルがスポーティなので、シャネルのチェーンショルダーできれいめにバランス調整しました」

profile

近藤千尋さん

岡山県生まれ。ファッション誌『S Cawaii』元専属モデル。バラエティ番組などでも活躍中。2015年にお笑いトリオジャングルポケットの太田博久さんと結婚。2017年女児出産。『ちぴ本』につづき、妊娠出産育児ライフをつづった『chipi+α』(主婦の友社)も好評発売中!

おすすめのリゾート