#1 オールインクルーシブで安心&ラクラクの石垣島旅スタート!

ほかにはないクオリティの高いサービスで贅沢な時間を過ごせると、赤ちゃん連れの旅行先として支持され続ける「クラブメッド」。
世界約70カ所にあるクラブメッドのなかから、とくにファミリー層におすすめのリゾートを、あこがれのあのママが旅する連載がスタートします! 第1回目に登場するのは、神山まりあさんファミリー。

リピーターも多い「クラブメッド 石垣島 カビラ」の魅力をナビゲートします!

クラブメッドってどんなところ?

1950年に誕生し、世界に約70カ所のリゾートを展開するフランス発祥のリゾートを運営する「クラブメッド」。滞在中は施設内のアクティビティーを楽しんだり、ビーチやプールサイドでのんびり過ごすなど、「フランス風バカンス」を提案しているのが特色です。
また、クラブメッドといえばリゾート業界で初めて「オールインクルーシブ」を始めたパイオニア。旅行代金には、宿泊費のほか往復の航空運賃、空港からクラブメッド間の送迎、滞在中の食事や軽食、各種アルコール、ソフトドリンクのほか、スポーツアクティビティー&レッスン、年齢別キッズプログラム、エンターテイメントショーやイベントなどの料金が含まれていて(宿泊プランの場合、一部有料もあり)、財布を持たずに過ごせるのが魅力! 食事は朝・昼・夕ついていてレストランの予約は不要、お店探しの苦労もありません。
遊びも食事も、出発前から余計な心配がなくラクラク&安心して家族旅ができるのです。

沖縄本島から約400㎞、八重山諸島のひとつ石垣島。その石垣島の北西部にクラブメッド 石垣島 カビラはあります。

目の前には白い砂浜が続くプライベートビーチが広がり、国の名勝に指定されている「川平湾」に隣接した抜群のロケーション。南国特有の温暖な気候と透き通る海、豊かな自然に囲まれ、海外リゾートにいるかのような気分にさせてくれます。

羽田からの直行便を利用し、神山さんファミリー到着!

南ぬ島 石垣空港からの送迎車にて、クラブメッド石垣島カビラに到着! 羽田空港、関西国際空港、中部国際空港からは直行便があり、乗り継ぎナシでスムーズに移動できます。沖縄ムード満点の赤瓦屋根のエントランスではシーサーがお出迎え。長旅の疲れも吹き飛ぶくらい、一気にテンションが上がります!

バカンスが盛り上がること間違いなし! 滞在の全てをサポートしてくれる多国籍から集まったG.Oたち

クラブメッドの代名詞的存在ともいえるのが、「G.O」と呼ばれるスタッフたち。G.Oとは「ジェントル・オーガナイザー」の略で、1950年のキャンプ村開設時に、料理を作ること、音楽を奏でること、様々なアクティビティーをすることなど、それぞれの得意なことを活かしてその場に集まった人々を、心から楽しませるボランティアスタッフが彼らの原点です。レセプションやウエイターなどの業務にとどまらず、アクティビティーのインストラクターやキッズクラブの先生、夜はショーに出演するエンタテイナーとしても活躍するのが特徴です。現在、クラブメッド 石垣島 カビラには約26カ国籍から集まったG.Oが働いています。そのため、リゾート内では英語以外にもフランス語や韓国語など、多くの外国語が飛び交っています。チェックインの際にはG.Oが施設の案内を日本語で丁寧にしてくれるので安心。キッズやベビー連れでもママたちがリラックスして滞在できるよう、施設内のあらゆる場所でサポートしてくれます。

チェックインしたら、まずはぶら~りお散歩♪

1歳(※)のディーン君の生活サイクルを考慮し、到着後はのんびり過ごすことに。日常生活では見られない風景を眺めるだけでも、ママ&パパにとっては十分な癒やしに。

敷地内には、レストランやバーのほかに、フィットネスセンターやサッカー場、テニスコートなど数々の施設が。水着やTシャツをはじめ、お土産類も売られているブティックもあって便利です。歩きやすくキレイな歩道はベビーカーでも安心。大きな公園内を歩いているような気分で、ゆったりお散歩ができます。

窓からの眺めは圧巻! 緑と海に囲まれた、落ち着いたゲストルーム

クラブメッド 石垣島 カビラのゲストルームは4タイプ。神山さんファミリーが宿泊するデラックス ガーデンビューのほかに、スイート、デラックス シービュー、クラブルームがあり、どれも窓が大きく、明るく広々とした清潔なお部屋です。

デラックス ガーデンビューにはテラスが! 窓の外には芝生と海が広がり、別荘のようなプライベート感があります。ゆったり流れる時間に身をまかせ、お茶やうたた寝なんて、ママの日常ではなかなかない贅沢気分が味わえます。

赤ちゃん向けのサービス「ベビーウェルカム」があるのも嬉しい! レストランでの離乳食などの用意をはじめ、ベビーベッドやベッドガード、ベビーバス、おむつ用ゴミ箱などの用意があるので助かります。

ちなみにこちらはクラブルーム。家族連れでもゆったり使える広さで、快適に過ごせます。

ディナーの前はバーで乾杯!

お部屋でゆっくり寛いだら、そろそろ夕食の時間。その前に、プールサイドにあるバー「TINGARA(てぃんがーら)」で乾杯! こちらのバーは日中もオープン。アルコール類やソフトドリンク、食事の合間の軽食も用意されていて、オープン時間内は好きなときに利用OK! もちろん子連れファミリーもウエルカム! 何かに追われることもなく過ごせる夕方はとても貴重。夕日を眺めながらのひとときは、なんともいえない心地よさです。

バリエ豊かな豪華な食事を好きなだけ! インターナショナルビュッフェでディナー

沖縄ならではの食材や食文化を紹介しつつ、フレンチ、イタリアン、インド、中華、和食など多国籍の料理をビュッフェ形式で楽しめます。毎日テーマが異なり、食の楽しみを体験できます。多彩なメニューが揃うディナーは18時のオープンから大盛況! テーブルは少人数~大人数まで多種類。ベビー用のハイチェアや食器類も用意されているので、大荷物を持ってくる必要もありません。

前菜からメイン、サイドメニューにデザートまで、どれを選んでいいのかわからなくなるほど種類が豊富。ちょっとずついただいて、お気に入りの一品を見つけるのも楽しい!

ライブクッキングステーションでは、シェフが目の前で調理してくれます。食を通じたシェフとの会話を楽しめるのも、魅力のひとつ。

家族の思い出に…… 今日はスペシャルメニューをオーダー

今日のメインは思いきってゴージャスに!特別な夜を演出する、とっておきのメニューをオーダー!

名物の石垣牛のステーキと、ロブスターディナーでテーブルも気分も華やかに!(こちらは別料金・事前予約制)

シェフとの会話でディナーがいっそう楽しく。スタッフとのあたたかい交流が多いのも、クラブメッドならでは。石垣島の空気とG.Oたちのおもてなしに、心身ともに癒やされた1日でした。

明日は川平湾にて、オプショナルツアーの「グラスボート」を体験します! おやすみなさ~い☆

#2 プライベートビーチ&オプショナルツアーで石垣島を満喫!

赤ちゃんと一緒の国内旅行人気No.1の沖縄。
本島よりさらに南西の位置にある石垣島へやってきた神山まりあさんファミリーの2泊3日をお届けする、「MAMA’S TRIP」。
第2回目は、「クラブメッド 石垣島 カビラ」での滞在2日目をリポート。今日はプライベートビーチや「川平湾」でのクラスボーを満喫します!

海風が心地いい! 朝食前に海でお散歩♪

クラブメッド 石垣島 カビラの朝はゆっくり時間が流れます。夜が明けるとまず目に飛び込んでくるのは海。たくさんのゲストが宿泊しているはずなのに、ここは本当に静かで穏やか。せっかくなので、朝の海辺をお散歩することに。

部屋を出てちょっと歩けばもう海! 手ぶらで来ることができる気軽さが、ママには嬉しいところです。プライベートビーチの砂はサラサラで、裸足で歩くのが気持ちいい! ゴミなどが落ちていないキレイな砂浜なので、ディーン君も裸足で思う存分あんよ。早朝の海は人が少なく、貸し切り気分です!

海はどこまでも透き通り、砂浜との境目がわからないくらい。石垣島の年間平均気温は24℃、真冬でも最低気温は16℃ほど。海面水温は年間を通して20℃以上あるので、いつでも浜辺での水遊びができます。

ディーン君も大きな海に興奮! こんな開放的な場所で思いっきり遊ぶことができたら、ベビーも満足すること間違いなしです。

お部屋はすぐそこなので、ベビーのお着替えやグズグズが始まってもサッと帰れるのがポイント。細かいことを気にせず心からリラックスできる理由が、クラブメッドにはたくさんあるのです。

お散歩のあとは、たっぷりの朝ごはんでエネルギーをチャージ!

旅行代金に宿泊料金や往復の航空運賃のほか、滞在中の食事代などが含まれている「オールインクルーシブ」も、クラブメッドの大きな魅力。食事のたびに支払いが生じることはなく、レストランの予約も不要。

多彩なビュッフェメニューを朝・昼・夕、好きなだけいただくことができます。神山さんはまずディーン君の大好きなフルーツをピックアップ。

焼き立てのパンや卵料理、和食など、できたてのあったかメニューがズラリと並びます。ディーン君のモーニングプレートを完成させたあとは、自分用の朝食をじっくりセレクト。
う~んどれにしよう、とレストラン内を数往復していた神山さん。

ちなみに神山さんが持っている茶色い容器はゆで卵を作るためのもの。パンを焼いて野菜とハムを挟んだり、自分好みのアレンジを楽しんでも♪

今日の朝ごはんはこちら! ミニサイズのクロワッサンは種類が豊富。一口サイズの食べやすさも女子向けで、ついおかわりしちゃいます……。

テーブルに料理がそろったところで「いただきま~す」。「子連れ旅行は食事の段取りや内容を考えるのが大変。手づかみしやすいものや、子どもに合ったメニューがたくさんあるのは貴重です」と神山さん。ディーン君はママを待ちきれず、先にパクッ。ごはんのあとのフルーツまで、しっかり完食しました♪

すごいものを発見! 棚にはあのベビーフードが用意されています!

レストランの一角に「BABY FOOD CORNER」と書かれている看板を発見。電子レンジやミルク用のお湯、ボトルウォーマーなどが置かれています。このカラフルな引き出しは? と開けてみると……。

なんとベビーフードがパッケージごと並べられていました! もちろん自由にいただいてOK。 離乳食初期から後期まで複数のメニューが揃えられていて、これには神山さんも感激! 「自宅からベビーフードをいくつも持参する必要がないのは大きいですね」

オプショナルツアーへ出発までは部屋のテラスでゆっくり

神山さんファミリーが宿泊しているのは、テラスつきのデラックス ガーデンビュー。窓の外には芝生と海が広がり、解放感はバツグン。お部屋タイプはほかに、スイート、デラックス シービュー、クラブルームの4種類。家族構成やベビーの年齢にあわせて選ぶことができます。

芝生が気持ちいいのか、ディーン君は庭遊びでテンションアップ! 「こんなに広くてきれいな場所で走るなんて、日常生活では味わえない体験。ディーンも感動しています!」広大な景色、朝露でひんやりする芝生など、見るもの触れるものすべてがベビーには刺激的です。

今日のメイン! オプショナルツアー「グラスボート」に乗船します!

クラブメッド 石垣島 カビラは、施設内のアクティビティーを楽しむほかに、スキューバダイビングや竹富島・石垣島の半日ツアーなど、オプショナルツアーを申し込むことも可能です(有料)。神山さんたちが選んだのは、1歳(※)のディーン君も一緒に楽しめる「川平湾グラスボート」。クラブメッドから川平湾までの移動をふくめ2時間ほどのツアーなので、体力的にもディーン君の負担になりません。

世界有数の透明度を誇る川平湾の海。国内外より観光客がたくさん訪れます。

今日乗るのはこのボート! 海風をダイレクトに感じられそうな小型船で出発です!

ボートの中は、中心部が空洞に。下を覗き込むと……。

ボートの底面がガラス張りに! ここからサンゴや熱帯魚など、海の生き物を見ることができるのです。水族館が大好きなディーン君は、船が動く前から興味津々!

船がゆっくり動き出すと、カラフルな魚たちに出会えます。「わお~~! わお~~!」と大喜びのディーン君。大人も見入ってしまう、神秘的な世界が続きます。船に乗っているのは30分くらい。あっという間に時間が過ぎます。

グラスボートのあとは、移動のバスの集合時間まで自由時間。川平湾を一望できる、川平公園の中を少し歩いてみます。近くにはお土産屋さんや料理店があり、沖縄ムード満点。地元の観光気分も味わえます。

高台からの絶景は言葉にならないほど。時間を忘れてしまいそうなくらい、惹きつけられるものがあります。グラスボートで大興奮だったディーン君は、お散歩中にねんね。クラブメッドに帰り、目覚めてからランチをいただきました。

午後はアクティビティー体験! ピラティスのレッスンで心身スッキリ!

ディーン君とパパが部屋でゆっくりしている間、神山さんはアクティビティーにチャレンジ。フィットネスにて行われる、ピラティスのレッスンに参加しました。専任G.Oが教えてくれるので初心者でも大丈夫です。アクティビティーは、美しい海を眺めながらのシュノーケリングやウインドサーフィン、カヤック、スタンドアップパドルなどのアウトドア系から、スカッシュやエアロビクス、ヨガなどのインドア系まで充実のラインナップ。ときには料理教室が開かれることも! もちろんこれらのアクティビティーも追加料金なしで受けられます。

天候に関係なく利用できるフィットネスでは、ウォーキングマシーンなどの設備も。軽く汗を流せば気分もスッキリ。時間がちょっと空いたときに立ち寄れる気軽さも、ママにはピッタリです。

館内にはスパ「ULU(ウル)」やネイルサロンも(有料)。フットから全身まで、アロマオイルマッサージで日ごろの疲れを癒やして

神山さんがフィットネスで汗を流しているころ、2人はバーのテラス席で乾杯♪ 予定をぎっしり詰め込む必要はナシ! 家族や赤ちゃんのペースで気の向くまま、無理なく楽しむのが、クラブメッド 石垣島 カビラに滞在する醍醐味です。

夜ごはんのあとはG.Oによるショー!

ディナーのあとは、シアターで開催されるG.Oショーを満喫するのもおすすめ。コメディー、ミュージカル、サーカスなどテーマが毎日異なり、日中はレセプションやアクティビティーのインストラクターとして働いていたG.Oたちが、装いを変えて本格的なエンタテイナーに! ゲストとスタッフが一体となって盛り上がるショーは必見です。

晴れていればビーチに出て星空鑑賞も! 空気が澄んでいるうえに周囲の灯りが少ないので、星空鑑賞に最適。北半球では観測が難しく、見ると長生きすると言われているカノーブス(南半球老人星)を見られるチャンスもあります。

明日はもう最終日! ママ&パパ注目の「キッズクラブ」でまだまだクラブメッドを満喫します!

#3 MAMA’S TRIP in クラブメッド石垣島 第3回 ベビー連れ旅行がもっと楽しくなる! 充実の施設に大満足!

東京・羽田空港から直行便で約3時間! 白い砂浜と青い海がどこまでも続く石垣島へ2泊3日でやってきた神山まりあさんファミリー。食も遊びも大満足の「クラブメッド 石垣島 カビラ」での滞在もいよいよ最終日。旅の終わりに神山さんたちが訪れたのは……?

年齢別に専任G.Oが対応!安心して遊べる「キッズプログラム」

豊かな自然に触れ、1歳(※)のディーン君もたくさんの刺激を受けた石垣島旅。今日は南ぬ島 石垣空港への出発時間まで、ディーン君の遊びタイムにあてることに。子どもが思いっきり楽しめる場所があると聞いてやってきたのが……。

こちらの「ミニクラブ」。クラブメッドには、朝から夕方まで専任のG.Oが子どもを預かり、ケアしてくれるサービスがあります。クラブメッド 石垣島 カビラの場合は、2歳以上の子どもが利用でき、その間ママ&パパはフリータイム!(2歳未満は保護者同伴で入室可能)ミニクラブはまるで幼稚園のようなかわいい建物。さっそく部屋をのぞいてみます!

想像以上の充実度! 親子で楽しめる大型おもちゃも!

2棟ある建物のひとつは、カーペットの敷かれた広いプレイルーム。大きな海賊船のおもちゃは子どもウケ確実! ミニテーブルでお絵かきや工作をしたり、子どもの興味をひくプログラムが用意されています。もう1棟の部屋は和室。子どもがすぐになじめそうな雰囲気です。

ミニクラブは屋外施設も充実! すべり台のついたアスレチックや、子ども用の大きなプールまで完備。
キッズプログラムは、4~10歳の子どもを対象にした「ミニクラブ」、11~17歳を対象にした「ジュニアクラブ」のふたつは追加料金なしで利用でき、2・3歳を対象にした「プティクラブ」、2~10歳対象の寝かしつけサービス「パジャマクラブ」は追加料金で利用できます。

G.Oがお出迎え~!ベビーの遊びをさりげなくフォロー

今回はお試しとしてミニクラブにやってきた神山さん&ディーン君。まずはG.Oと呼ばれるスタッフが優しくごあいさつ。ミニクラブを担当するのは、保育士などの資格を持ったスタッフだから安心。外国人のG.Oでちょっとびっくりするかな? なんて心配は無用! 多くの子どもたちがすぐになじんで遊ぶそうです。

子どもの興味をひくG.Oの遊び方や接し方は、ママたちにとって参考になることも。G.Oたちは多国籍から集まっているので、英語以外にもフランス語やイタリア語などの、様々な外国語が飛び交います。そういった外国語でのやりとりも、子どもにとってはいい刺激になります。

お友達との国際交流も、ミニクラブの特色。お互いの言葉がわからなくても、子どもたちは自然と仲良くなっていきます。

車のおもちゃに目がキラキラ! 運転を思う存分満喫~

ディーン君が何よりもハマったのがこの車! ドアの開け閉めや、サマになっているハンドルさばきなど、「いつ覚えたの?」と神山さんもビックリ。

イキイキと目を輝かせるディーン君の表情をおさえようと、パパはスマホで連写中。ベビーや子どもが満足するまで遊べる、充実した時間を過ごすことができるのも、家族旅だからこそ。のんびり穏やかな雰囲気も、開放的な気分にさせてくれます。滞在した際にはぜひ遊びに行ってみて!

子どものうれしい成長が見られた3日間、また遊びに来ます!

あっという間の石垣島旅が終了!「赤ちゃん連れでこんなにリラックスできるなんて!」と神山さんも大満足です。「両家のじいじ&ばあばも連れて、今度は大家族で遊びに来たいですね!」。ディーン君の嬉しい成長に驚き喜び、ステキな親子の思い出がまたひとつ増えた3日間でした。

次回は石垣島での思い出とともに、神山さんに子連れ旅についてインタビュー! お楽しみに♪

#4 MAMA’S TRIP in クラブメッド石垣島 第4回 神山まりあさんにとっての家族旅って?

沖縄県・石垣島へ、1歳(※)のディーン君を連れての家族旅。豊かな自然囲まれた、極上の空間で過ごした3日間は、神山さんにとっても新しい発見がたくさんあったよう。滞在した「クラブメッド 石垣島 カビラ」の魅力とともに、石垣島旅を振り返っていただきました。神山さん流の「子連れ旅テク」もあわせてどうぞ!

子どもの食事の心配ナシ! これだけでもママには最高です

神山さんが今回選んだのは、宿泊費から往復の航空運賃、滞在中の食事代やスポーツアクティビティーなどがセットになった「オールインクルーシブ バカンス」が人気のクラブメッド 石垣島 カビラ。レストランの予約や現地での段取りなどの煩わしさから解放され、自由気ままに過ごせる旅は貴重。実際、多くの家族連れが訪れているのが印象的です。2泊3日で滞在した神山さんが一番気に入ったのは、何と言っても食事に関することでした。
「ディーンが生まれてから、ハワイをはじめ何回も家族旅行をしているけれど、こんなに食事がラクで楽しかったことはありません! ディーンが生後6ヶ月のときにハワイへ行ったときは、現地で離乳食を作ったし、日本からベビーフードも持参しました。でもクラブメッドなら子どもの食事の心配もなく、手ぶらで来られるなって思いました」

事前準備は念入りに! 現地はフリーが神山さん流

「私、子ども連れの旅行ってドキドキから始まるんです」。そのドキドキとは、旅への期待感やワクワク感ではなく、不安や心配のドキドキなんだそう。
「飛行機でディーンが泣いたらどうしよう、現地で何かあったらどうしようと、あれこれ考えて心配になるんです。ですから現地の小児科は必ず調べておくし、子ども用の着替えは旅行日数の2倍。2泊3日なら5~6コーディネートを持って行きます。予想外に寒いとか暑いとか、現地に着かないとわからないこともあるので、体温調節しやすいベストや上着は必須。ほかにもおもちゃやベビーアイテムはかなり念入りに準備します」

確かに、神山さんの荷物はそのほとんどがディーン君のもの! 旅行中、いつ何時も持参しているママバッグの中には、おむつポーチやおしりふきをはじめ、ヌードルカッター、スプーン&フォーク、おやつ、急におなかがすいたときの離乳食などのご飯系、虫よけスプレーに虫よけステッカー、日焼け止めや長袖ウエアなどの外遊び対策グッズのほかにもいろいろ、ディーン君グッズが山ほど! そんなきっちりした面がある一方、現地に到着後のプランはほとんど立てず、気分の赴くままに動くことが多いそうです。

「私も主人も、旅行ではあまりスケジュールを組まないんです。その日の気分や体調で、ゆる~く1日の流れを決めるタイプ。今回は滞在中に川平湾でグラスボートに乗りましたが、それ以外の時間はクラブメッドでのんびりしていました。それだけでも十分楽しめたし、ディーンも非日常の環境で、刺激を受けたことがたくさん。クラブメッドの雰囲気は小さな子どもがいる親子にピッタリですね」

自宅からディーン君のお気に入りおもちゃを持参した神山さん。しかしおもちゃの出番はほとんどなく、体を使った遊びを楽しんでいたのも、神山さんにとっては嬉しいことでした。「部屋のテラスの先には芝生が広がっていて、ディーンは本当に楽しそうに走っていました。都会では公園といっても人がたくさん。日常生活ではあんなに広い場所を、しかも裸足で走り回るなんてことができないから、すごくよかったなって」

長時間のフライトを乗り切るためには、おもちゃの小出しがポイント

飛行機での子連れ旅の第一関門は、機内でどう過ごすか。飛行機旅はすでに何回か経験している神山さんに、ベビーもママも快適に過ごすコツを聞いてみました。
「機内用のおもちゃは、いつものお気に入りと目新しいものをミックスするのが私なりのポイント。ポップコーンのケースだったカーズの入れ物は使い慣れたもので、その中に今回デビューの小さなおもちゃをたくさん入れてきました。これを少しずつ渡して、なんとか飽きさせないようにしているうちに、寝てしまったり。とにかく小出しに、が大事です(笑)」

今回の旅は、羽田空港から石垣空港まで片道約3時間のフライト。行きの機内では、出発後の1時間半くらいはねんねしてくれたそう。機内でぐっすり眠れるよう、出発の日はお昼寝の時間を調整。搭乗するまで、たくさん遊ばせておくなどの工夫も欠かさない神山さんです。

子どもとのお出かけ上手な神山さんが「最強です!」と絶賛するのが、子ども用の飲み物ボトル「スクイージースナッカー」。「シリコン製で落としても大丈夫だし、逆さにしても中の飲み物がこぼれないので安心。キャップ内のストローを吸うと飲み物が出てくる仕組みなので、ディーンが振り回したりしても気になりません。使用後は裏返しにして洗うこともできて清潔。最近のベビーアイテムのなかでは、ピカイチです!」

子どもの成長を発見できる家族旅。大変だけど喜びのほうが大きい!

1歳(※)を過ぎてから、できることが日ごとに増えるディーン君。いつもと違う環境で過ごすことで、また新しい成長が見られるといいます..。「家族旅行って、準備から何から何まで本当に大変。でも家に帰ると、またどこかへ行きたくなるんです。そう思うのは、旅の間に子どもの『初めて』の瞬間を共有できるからなんですよね。今回は、大きなプールや海で遊んだり、間近で魚を見たり、初めての経験がたくさん。赤ちゃん時代にしかできない体験を共有できるのはとても嬉しいです」

「誰よりもパパが楽しんでくれていたのが、私にとっても幸せなことだし、その相乗効果でディーンもずっと楽しく過ごせたのかなって思います。いつもは1晩に何回も夜泣きをするディーンが、この旅の間はぐっすり! 夜1度も起きないなんて初めてです。それくらいたくさん遊んでたくさん食べて、すごく満足していたんですよね。ディーンの面倒をよく見てくれるパパにも感謝の気持ちでいっぱいだし、頼もしく感じています。ディーンが大きくなったらまた家族で訪れたい! 子どもの年齢ごとに新しい過ごし方を経験できるのも、クラブメッドのいいところなのかも」

神山まりあさんファミリーの石垣島旅の様子もチェック!

※年齢などは撮影当時のものです。

profile

神山まりあ

1987年2月17日生まれ。東京都出身。2011年、ミス・ユニバース・ジャパンでグランプリに輝き、イベントMCやラジオパーティー、雑誌などで活躍。2015年結婚、2016年7月に長男を出産。2017年1月号より「VERY」にレギュラー出演。インスタグラムのフォロワー数は14万人超。神山さんご主人のインスタグラムにたびたび登場される、素の神山さんも話題に! 2018年9月、初の著書「神山まりあのガハハ育児語録」(光文社)が発売。

旅を終えてのインタビュー

クラブメッド石垣島へのオールインクルーシブ旅を体験してきた神山さんに
旅を振り返っての感想をうかがいました。

Q1.まりあさんはとても旅行がお好きとのこと。旅のスタイルも母になってから変わったことがもしあれば教えてください。

もともと自由人な性格旅行好きだったので、休みさえあれば色んなところに飛び回っていましたが、今は子供の予定•体調が最優先です・笑

Q2.クラブメッドへは昨年、ご家族で旅行に行かれたんですよね。
リゾート先はどちらですか?

それこそ石垣島にあるクラブメッドに行きました。10月くらいだったかな?
まだ暑く、プールにも入れちゃうくらいでした。
息子は雄大な自然に大興奮で、家族みんなで楽しみました!
その後、トリップアドバイザーのトラベルチョイスアワード「ファミリー部門」で1位を獲得されたと聞いて納得したことを覚えています。本当にファミリーフレンドリーなホテルでした!

Q3.ディーン君はまだ1歳だったと思いますが、旅行前に心配事などありましたか?

飛行機や車の移動が心配でした。あとは食事ですね。

Q4.滞在中の一番の思い出は?

G.Oの皆さんが息子に沢山話しかけてくださったことです。人見知りの息子も、打ち解けて楽しそうにしていました。子供の遊び場で無邪気に遊んで夜バタンと倒れて寝てしまった時は笑ってしまいました。

Q5.ずばり家族旅の醍醐味は何でしょうか?

楽しい思い出や喧嘩の思い出、大変なこともあったりで絆が深まることです。全ての旅の記憶が宝物です。

おすすめのリゾート